日経メディカルのロゴ画像

STAP細胞論文の問題との関係は不明だが……
STAP論文の著者、バカンティ氏が教授退任へ
1年間の休養後に復帰予定

 STAP細胞論文の著者の1人である米ハーバード大学のチャールズ・バカンティ氏が、2014年9月1日付で所属する米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院麻酔科の教授職を退任することが分かった。

この記事を読んでいる人におすすめ