日経メディカルのロゴ画像

「STAP細胞はありますっ!」と主張したものの…
小保方氏、STAP現象の根拠示す意志感じられず
「最終報告を根拠に処分するのはおかしい」と反論

会見で涙を浮かべて反論する理研CDBの小保方晴子氏

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の研究ユニットリーダー(RUL)の小保方晴子氏は2014年4月9日、大阪市内で記者会見を開き、調査委員会の最終報告に反論した。

「理研の研究不正規程には当たらない」と反論
 会見は約300人の報道陣が詰めかけ、100台近いカメラのフラッシュがたかれる異常な雰囲気の中で行われた。小保方氏はまず、STAP細胞の論文に関して、自身の不勉強や不注意が原因で多くの不備が生まれたことについて謝罪した。その上で、理化学研究所の調査委員会の最終報告に反論。この最終報告を根拠として、「仮に懲戒解雇などの処分が下されるのだとすれば、あまりに重すぎる」(弁護士の三木秀夫氏)と主張した。

 理化学研究所は、研究不正に関して独自の規程(「科学研究上の不正行為の防止等に関する規程」)を設けており、「捏造」「改ざん」「盗用」の3つが研究不正に当たる行為とされている。ただし、悪意のない間違い及び意見の相違は研究不正には該当しない。

 調査委員会の最終報告では、論文中の電気泳動像(ArticleのFig.1i)のポジティブコントロールのレーンが、バンドを綺麗に見せるために別のレーンから切り貼りされており、「改ざん」にあたると認定。in vitroとテラトーマで、三胚葉を免疫染色した画像(ArticleのFig.2d、2e)についても、全く異なる実験条件で行われた博士論文関連の実験画像を転用しており、論文における画像の重要性を鑑みても「捏造」に当たると結論した。

 この最終報告に対し小保方氏は、理研の規程を盾に反論。電気泳動の実験も、in vitroとテラトーマで三胚葉を形成する実験も、実際に行っており、真正な電気泳動像を使ったとしても結果は変わらないため「改ざん」ではなく、免疫染色画像も手元に真正なものがあり、取り違えただけなのでデータを作り上げる「捏造」には当たらないと反論。

 同席した弁護士室谷和彦氏は「規程では悪意のない間違いは研究不正ではないとされている。つまり過失は研究不正ではないということ」と話し、小保方氏の過失はあったが、不正ではないと主張した。加えて、正式なヒアリングの回数も、「中間報告までに3回、それ以降最終報告までに1回しかなった」(三木氏)と調査の不十分さも指摘。全員外部委員で構成する調査委員会が十分な時間を掛けて再調査を行うことを求めた。

 小保方氏は現在、Nature誌に訂正依頼を出していると言い、「論文の撤回はその結論が間違いであると発表することになる。結論が正しい以上、撤回するのは正しい行為ではないと考えている」として、論文は撤回しないと明言した。

この記事を読んでいる人におすすめ