日経メディカルのロゴ画像

2014年度診療報酬改定率、全体でプラス0.1%だが…
「損税」補填分除くと実質マイナス1.26%
急性期病棟の絞り込み、外来の「主治医機能」の評価が焦点に

 厚生労働省は2013年12月20日、診療報酬を全体(ネット)で0.1%引き上げることを発表した。技術料に相当する「本体」部分がプラス0.73%、薬価・材料部分がマイナス0.63%で、差し引き0.1%の引き上げとなった。「本体」部分の内訳は、医科がプラス0.82%、歯科がプラス0.99%、調剤がプラス0.22%。

この記事を読んでいる人におすすめ