日経メディカルのロゴ画像

厚労省は「HIV検査目的の献血は控えて」と強調
輸血後のHIV感染、もう1人の受血者は陰性

輸血後のHIV感染、もう1人の受血者は陰性の画像

 厚生労働省は11月29日、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染した献血者の血液を輸血された80歳代女性について、HIVに感染していなかったと発表した。同じ献血者の血液を輸血された60歳代男性でHIV感染が確認されたため、検査していた。

この記事を読んでいる人におすすめ