日経メディカルのロゴ画像

病初期には厚労省によるSFTSの症例定義を満たさず
今年5月発症のSFTS症例の詳細が明らかに
フタトゲチマダニ刺咬後に発症、CRPは上昇せず

 国立病院機構東徳島医療センター循環器内科の井内新氏らは、徳島県下で今年5月に発症した、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の臨床経過の詳細を、国立感染症研究所病原微生物検出情報(IASA)に、7月23日に報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ