日経メディカルのロゴ画像

結核発病の相対リスクに応じた治療を推奨
潜在性結核感染症の治療指針まとまる

 日本結核病学会は、結核菌に感染しているものの発病していない潜在性結核感染症LTBI)に対する新しい治療指針「潜在性結核感染症治療指針」を作成し、同学会の学会誌『結核』5月号に掲載した。

 新しい治療指針は、日本結核病学学会の予防委員会と治療委員会が合同で作成したもの。日本結核病学会は、2005年に日本リウマチ学会と合同で、「さらに積極的な化学予防の実施について」という提言を発表し、結核発病リスクのある患者に対する治療(化学予防)の考え方を示していたが、潜在性結核感染症(LTBI)への治療方針を、エビデンスに基づき指針として示したのは今回が初めてとなる。


この記事を読んでいる人におすすめ