日経メディカルのロゴ画像

3カ月間の学会調査で約400例の報告
カラーCL装用者に点状表層角膜症や角膜潰瘍

 日本コンタクトレンズ学会は3月7日、カラーコンタクトレンズ(カラーCL)による眼障害の実態について調べた調査の結果を発表した。報告された約400例の眼障害のうち、視力障害が残る可能性がある症例が2.8%いたことが分かった。

 日本コンタクトレンズ学会カラーコンタクトレンズ障害調査小委員会は、カラーCLによる眼障害の実態把握に加え、医師が医療機器安全性情報報告書の提出を後押しする目的で調査を実施。2012年7月1日~9月30日までの3カ月間に395例の眼障害の情報が学会に寄せられ、同学会が厚生労働省に報告した。

 眼障害を起こした患者の年齢は、15~19歳が40.5%、20~24歳が30.1%で若年者が中心だった。購入先は、インターネット販売や通信販売が52.7%、大型ディスカウントショップや雑貨店・化粧品店が28.4%と大半を占めており、眼科施設に隣接した量販店や販売店は14.7%だけだった。購入時に眼科を受診した患者も13.4%にとどまり、若年者が眼科を受診せずにインターネットなどでカラーCLを購入し、眼障害に至る実態が明らかになった。

この記事を読んでいる人におすすめ