日経メディカルのロゴ画像

医師、看護師など200人弱が参加、海外への派遣も視野に
戸田中央グループが災害医療支援チームを結成

TMG-TDRの結団式の模様。200人近くの医療従事者らが集まった。

 関東を中心に戸田中央総合病院(埼玉県戸田市)など25病院を運営する戸田中央医科グループは3月2日、独自の災害医療支援チームを結成して結団式を開催した。同グループは、2011年3月に東日本大震災が発生した際、80日間にわたって岩手県山田町に有志による医療支援チームを派遣。今回、この経験を生かして、グループ創立50周年(昨年8月)事業として医療支援チームを立ち上げた。

 結団式で挨拶に立った副会長の中村毅氏は、「本来は医療支援チームの活躍の場が発生しないのが最良だが、全国各地で災害が起きる可能性が常にある。災害発生時に、公的機関だけでなく民間の医療法人も医療支援に貢献できるよう準備しておかなければならない」と語った。

この記事を読んでいる人におすすめ