日経メディカルのロゴ画像

福島県でのマッチ者数は約25%増
マッチング最終結果、大学病院離れが一段と進む

 医師臨床研修マッチング協議会は10月25日、2012年度の医師臨床研修マッチングの結果を公表した。今回のマッチングで市中病院とマッチした医学生はマッチ者の54.4%。2009年まで徐々に縮まっていた大学病院と市中病院におけるマッチ者数の差は、2010年以降再び広がる傾向にある(下図)。大学病院が有利になると考えられていた2010年度からの臨床研修制度の見直しも、結局効果はなかったといえそうだ。

 今年度のマッチングに参加したのは8471人。うち、希望順位を登録した参加者は8238人で、マッチ者は7908人。参加病院は1015だった。次ページから、大学病院本院の定員充足率、マッチ者に対する自大学出身者の割合、都道府県別のマッチ者数と定員充足率を示す。

この記事を読んでいる人におすすめ