日経メディカルのロゴ画像

「麻しんに関する特定感染症予防指針」を改正へ
麻疹の定期接種対象から10歳代外れる
麻疹の報告数減少を反映

 厚生科学審議会感染症分科会感染症部会「麻しんに関する小委員会」は9月13日、「麻しんに関する特定感染症予防指針」の改正案を大筋で了承した。改正により、定期接種の対象から13歳(3期)と18歳(4期)が外れることになる。

この記事を読んでいる人におすすめ