日経メディカルのロゴ画像

日経メディカル開発「製薬企業の企業イメージ・MR調査」
MRの総合満足度、1位は第一三共

 日経メディカル開発は9月7日、『日経メディカル』の読者を対象に実施した「製薬企業のMRに関する調査」「製薬企業の企業イメージ調査」「医療用医薬品の認知・処方に関する調査」の3つの結果をまとめ、公表した。調査の実施期間は2012年3~5月。主な結果は以下の通り。

製薬企業の企業イメージ調査
 医師1万1400 人に調査票を送付、1989人から回答を得た(回収率17.4%)。44社の製薬企業について「新製品開発に熱心」、「要望に迅速・柔軟に対応する」、「信頼性がある」、「優れた製品が多い」、「MR活動が熱心」、「将来性がある」、「ユニークな製品を持っている」、「役に立つ情報を提供する」、「世界に通用する企業である」の9つのイメージ項目に合致すると思うかを聞いた。

 9項目を合計したスコアのベスト10は表1の通り。1位の武田薬品工業から4位のアステラス製薬までは、2011年に実施した前回調査と同じ順位となった。これに対して、昨年12位だったツムラが8位に入った。

 1位の武田薬品工業のスコアは、昨年調査の246.6ポイントから261.2ポイントと大きく増えた。2位のファイザー(ポイントは228.1から217.8に)、3位の第一三共(ポイントは216.4から215.8へ)、4位のアステラス製薬(ポイントは184.3から179.7へ)は軒並みスコアが低下した。

この記事を読んでいる人におすすめ