日経メディカルのロゴ画像

厚労省検討会で日本専門医制評価・認定機構理事長が方向性示す
「専門医認定は学会ではなく新設の第三者機関で」

 厚生労働省は11月4日、第2回となる「専門医の在り方に関する検討会」を開催した。その席上、日本専門医制評価・認定機構理事長の池田康夫氏は、現在同機構で議論を進めている制度改革について報告した。

 池田氏はまず、現在の専門医制度について、(1)専門医制度が乱立し、制度の統一性や専門医の質の担保に疑念が生じることになった、(2)基本領域を担う専門医と、特殊領域の高度な技術・技能に特化した専門医とで「専門医」の意味が異なる、(3)専門医育成のプログラムが確立しておらず、臨床力本位の認定になっていない-ことなどを問題点として指摘。

この記事を読んでいる人におすすめ