日経メディカルのロゴ画像

医療経済実態調査の中止には「一定の理解得られた」
日医、細川厚労大臣に同時改定見送りなどを申し入れ

 日本医師会は5月19日、細川律夫厚生労働大臣と会見し、2012年度の診療報酬介護報酬同時改定見送りなど5項目について申し入れを行った。

 日本医師会が要請したのは、(1)2012年度の同時改定見送り、(2)2011年度の医療経済実態調査薬価調査保険医療材料価格調査の中止、(3)介護保険料決定のための必要なことは行うこと、(4)不合理な診療報酬や介護報酬について、施設基準要件の見直しなどを行うこと、(5)必要な医療制度改革は行うこと―の五つ。

この記事を読んでいる人におすすめ