日経メディカルのロゴ画像

60~80歳代の入院患者6人が死亡
秋田県の病院でA/H3N2(香港型)の集団感染

 秋田県は11月6日、北秋田市内の医療機関でインフルエンザウイルスの集団感染があり、6人の入院患者が死亡したと発表した。集団感染が発生したのは医療法人博愛会・鷹巣病院で、インフルエンザウイルスはA/H3N2(香港型)と見られる。

この記事を読んでいる人におすすめ