日経メディカルのロゴ画像

岡山大の研究グループが廣田班中間報告を再検討
タミフルと異常行動はやはり関係あり?

 リン酸オセルタミビル(商品名タミフル)と異常行動との関係について、2008年7月に公表された厚生労働科学研究廣田班の解析結果中間報告を再検討した岡山大疫学・衛生学分野の頼藤貴志氏らの研究グループが、新たな解析結果をEpidemiology誌2009年7月号(Epidemiology 2009; 20: 619-21.)に発表した(概要はこちら)。得られた結果は、廣田班の中間報告とは異なり、オセルタミビル使用者において異常行動の発現が有意に多いというものだった。

 廣田班の中間報告では、解析対象となった9715人を、オセルタミビル使用者7586人、非使用者2129人に分け、それぞれについて異常行動の発現について調べた。オセルタミビル使用者のうち、使用前に異常行動が発現した99人については、オセルタミビル非使用者に移し替えた上で、異常行動が発現した割合を計算した(中間報告スライド19~21番参照)。その結果、異常行動を起こす割合は、オセルタミビル使用者889/7487(7586-99)=0.11[11.9%]、非使用者286/2228(2129+99)=0.128[12.8%]となり、調整オッズ比は0.66だった。

 しかし、頼藤氏らの研究グループは、廣田班が用いた解析手法は、オセルタミビル使用前に異常行動が発現した99人が、オセルタミビル使用までの追跡部分(図のA)から発生していることを考慮していないとして、計算をし直した。

この記事を読んでいる人におすすめ