日経メディカルのロゴ画像

「医療構想・千葉」が設立記念シンポジウム開催
代表は前・千葉県がんセンター長の竜氏、政策シンクタンクとして活動開始

2009/06/14
茂木 俊輔=ジャーナリスト

 政策シンクタンク「医療構想・千葉」(代表、竜崇正・千葉県がんセンター前センター長)は6月13日、オークラ千葉ホテルで設立記念シンポジウム「どうする?千葉の医療崩壊―現場からの医療再生提言に向けて―」を開いた。会場には、県内の医療関係者、県議会・市議会議員、行政関係者、患者団体メンバーなど、約120人が詰め掛けた。

 シンポジウムでは冒頭、竜代表が「県内の優秀な医療資源を生かすため、“Acting locally, Thinking globally”の考え方に立って政策提言していきたい」と語った後、ゲストの小松秀樹・虎の門病院泌尿器科部長と亀田信介・医療法人鉄蕉会亀田総合病院院長の2人が、医療再生に向けて何が必要か、持論を語った。

この記事を読んでいる人におすすめ