日経メディカルのロゴ画像

小児の感染症治療
小児の溶連菌咽頭炎、再発患者にセフェム5日投与は不十分
経過観察中に再発した患者数に差

東栄病院副院長の菊田英明氏

 過去に少なくとも1度、A群β溶血性レンサ球菌(Group A β-hemolytic streptococcus:以下、溶連菌)感染による、咽頭炎の診断を受けたことがある患者(再発患者)には、セファロスポリン系抗菌薬の5日投与では不十分である可能性が示された。東栄病院(札幌市東区)副院長で小児科医長の菊田英明氏が、北海道内64施設の協力の下、2006年5月から07年8月にかけて行った多施設共同試験の結果によるものだ。

 溶連菌による咽頭炎治療は、教科書的にはペニシリン系抗菌薬の10日投与とされており、この処方には数十年の歴史がある。しかし、2004年ごろから米国でセファロスポリン系の方がペニシリン系よりも効果が高いという報告が相次いだ。そうした報告を受け、国内でも複数のグループが検証を進め、最近になって結果が発表されはじめ、ペニシリン系10日投与ではなくセファロスポリン系5日を投与する医師が多くなってきている。その中で菊田氏らは、再発患者に限定した場合でも、セファロスポリン系抗菌薬が有効かどうかを検証するために共同試験を行った。

この記事を読んでいる人におすすめ