日経メディカルのロゴ画像

糖尿病患者の急性冠疾患発症は死亡率が高い
特に不安定狭心症/非ST上昇心筋梗塞の死亡リスクが大

 糖尿病患者の主な死因の1つが心血管疾患だ。近年、心血管疾患治療法の進歩は目覚しいが、それでもなお糖尿病が患者の予後に影響を与えているだろうか。糖尿病患者が急性冠症候群ACS)を発症した場合、最新の治療を適用しても、30日後と1年後の全死因死亡率は、糖尿病のないACS患者に比べ有意に高いことが明らかになった。米国Cornell大学医療センターのSean M. Donahoe氏らの報告で、詳細はJAMA誌2007年8月15日号に掲載された。

 著者らは、ACSで治療を受けた患者のうち、ACS発症前から糖尿病があった患者と糖尿病では無かった患者の死亡率を比較するため、Thrombolysis In Myocardial Infarction(TIMI)試験に登録されたACS患者のデータをプールした。TIMIは、ACS治療の評価を目的として複数行われた無作為化試験だ。

 1997-2006年に55カ国で行われた11件のTIMI試験の被験者から、ST上昇心筋梗塞STEMI)患者4万6577人と、不安定狭心症または非ST上昇心筋梗塞UA/NSTEMI)患者1万5459人、計6万2036人のデータを抽出した。うち1万613人(17.1%)がACS発症前から糖尿病だった。

 ACS発症時に糖尿病だった患者は、そうでない患者に比べ、より年齢が高く、女性が多く、BMI値が高く、高血圧、高脂血症、心筋梗塞、心不全、CABG既往が多かった。喫煙率は低かった。発症時のTIMIリスクスコアは、糖尿病患者、特にSTEMI発症者で高かった。

 ACS発症前に糖尿病患者に有意に多く用いられていた治療は、アスピリン(糖尿病患者の37.2%、非糖尿病患者の24.8%、P<0.001)、β遮断薬(29.2%と22.1%、P<0.001)、ACE阻害薬またはARB(35.1%と17.7%、P<0.001)、脂質降下薬(18.8%と10.9%、P<0.001)。

 入院時には、糖尿病患者にβ遮断薬が適用される頻度は低かった(76.1%と80.0%、P<0.001)が、ACE阻害薬またはARBの投与頻度は高かった(65.8%と57.5%、P<0.001)。血行再建術を受ける頻度も、UA/NSTEMI群(35.6%と33.0%、P=0.001)、STEMI群(27.9%と26.0%、P=0.01)の両方とも、糖尿病患者のほうが有意に高かった。

 入院時の血管造影の結果が得られたのは25.1%の患者で、冠動脈疾患の程度は、糖尿病患者の方が深刻だった。病変が複数の血管に認められた患者がより多く(62.0%と48.1%、P<0.001)、この状態はUA/NSTEMI群(65.9%と50.8%、P<0.001)、STEMI群(56.5%と45.4%、P<0.001)の両方で有意だった。

この記事を読んでいる人におすすめ