日経メディカルのロゴ画像

肥満と脳血管疾患の関係は?
腹部肥満は男性のみ全脳卒中、脳梗塞の危険因子に

 肥満心血管疾患の危険因子として知られている。しかし、肥満と脳血管疾患の関係を調べた研究では、一致する結果は得られていない。BMIウエスト周囲径ウエスト/ヒップ比脳卒中リスクの関係を調べた結果、男女ともに全脳卒中、脳梗塞リスクとBMIの間には有意な関係があること、腹部肥満は、男性でのみ全脳卒中、脳梗塞の危険因子であることが示された。フィンランドHelsinki大学のGang Hu氏らの報告で、詳細はArch Intern Med誌2007年7月9日号に掲載された。

 研究者たちは、フィンランド国内5カ所で1972年以降に行われた6件の研究の被験者の中から、冠疾患、脳卒中の既往がないなどの条件を満たした25~74歳の4万9996人(男性2万3967人、女性2万6029人)を分析対象とした。

 前向きに2004年末まで追跡。肥満の指標であるBMI、ウエスト周囲径、ウエスト/ヒップ比と、全脳卒中、脳梗塞、脳出血罹患率の関係を、Cox比例ハザードモデルを用いて評価。年齢、試験登録年度、喫煙、運動、学歴、脳卒中家族歴、飲酒で調整したハザード比を求めた。ウエスト周囲径は肋骨下縁と前上腸骨棘の中間の高さ、ヒップは、大腿骨大転子部で周囲径が最も広い部分を測定した値とした。

 19.5年の追跡の間に3228人が脳卒中を罹患。674人が脳出血、2554人が脳梗塞だった。全脳卒中では、体重が正常域(BMIが18.5-24.9)の男性群を基準とすると、低体重群(BMIが18.5未満)のハザード比は0.74(95%信頼区間0.18-2.96)、過体重群(25.0-29.9)では1.23(1.10-1.37)、肥満群(30.0以上)は1.59(1.37-1.83)となった。女性でも同様に全脳卒中のハザード比を推算。低体重群1.87(1.12-3.14)、過体重群1.08(0.95-1.22)、肥満群1.30(1.14-1.50)となり、低体重群のリスク上昇が大きかった。

 脳梗塞についても同様の傾向が見られ、男性ではそれぞれ、0.49(0.07-3.50)、1.27(1.12-1.44)、1.70(1.45-2.00)、女性では1.81(0.97-3.41)、1.11(0.96-1.285)、1.41(1.21-1.64)となった。収縮期圧、総コレステロール値、糖尿病歴を調整に加えると、リスクは小さくなったが、有意性は保たれた。

この記事を読んでいる人におすすめ