日経メディカルのロゴ画像

7日間連続測定の血糖値モニターが米国で承認
患者自身が簡単にセンサー留置できるシステム

 米国食品医薬品局(FDA)は2007年6月4日、患者自身がセンサーを腹部の皮下に留置し、間質液の血糖値を5分おきに最高7日間連続で測定するシステム「STS-7 Continuous Glucose Monitoring System」(米国DexCom社製)を承認したと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ