日経メディカルのロゴ画像

【第50回日本糖尿病学会年次学術集会】
IL-18が糖尿病性腎症の予知因子に
高値群の発症リスクは3.6倍、平均7年間の前向き調査で明らかに

 血中のインターロイキン-18(IL-18)値が高い糖尿病患者ほど、腎症を発症しやすい傾向にあることが明らかになった。糖尿病患者を平均7年間、前向きに追跡調査した研究で示されたもので、仙台で開かれた第50回日本糖尿病学会で5月25日、滋賀医大内科助教の荒木信一氏らが発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ