日経メディカルのロゴ画像

香川大が百日咳対策で抗菌薬を予防投与
投与対象は全員、咳症状があれば自宅待機

 5月中旬から百日咳が流行している香川大医学部は5月28日、百日咳の感染防止の緊急策として、医学部の学生や教職員、付属病院に勤務する職員全員に順次、エリスロマイシン(商品名:エリスロシン)を10日間内服させることを決めた。

この記事を読んでいる人におすすめ