日経メディカルのロゴ画像

iPodでペースメーカー誤作動の可能性
旧モデルで多発か、ペーシング必要時に発火しないトラブルも(5/16改訂)

写真1 米ミシガン州オケモス高校最終学年生のJay Thakur君(17歳)、本研究の提案者。(写真提供:Jongnarangsin氏)

 「iPod心臓ペースメーカーに悪影響」――。5月中旬の週末に、ロイター発のこんなニュースが世界を駆け巡った。これは、5月9~12日に米コロラド州デンバーで開催された米不整脈学会年次学術集会「Heart Rhythm 2007」で発表された研究成果を報じたもの。埋め込み型心ペースメーカーを装着した100人の患者を対象とした臨床試験の結果で、実験中、ペーシングが必要な不整脈時に必要なペーシングパルスが発生しないという重大なトラブルが見られたことも明らかになった。

 5月10日の一般口演で研究成果を報告したのは、ミシガン州の17歳の高校生Jay Thaker君(写真1)。米ミシガン大循環器内科助教授のKrit Jongnarangsin氏(写真2)ら医師、技師らとの共同研究で、研究発案はThaker君によるという。

この記事を読んでいる人におすすめ