日経メディカルのロゴ画像

ワルファリン投与時のINR管理と予後が相関
服薬アドヒアランス向上には大きな努力が必要

 ワルファリンを用いた抗凝固療法では、プロトロンビン時間国際標準比(PT-INR)を目安とした十分な管理が必要とされているが、管理が不十分だと患者の死亡、大出血、脳卒中などのリスクが上昇することが示された。また、患者の服薬アドヒアランス不良と抗凝固管理不良の間に有意な関係があることも明らかになった。

この記事を読んでいる人におすすめ