日経メディカルのロゴ画像

岡山の後期研修説明会、78人の参加にとどまる
今後の研修医確保に布石を打つも、広報活動などに課題

2006/08/23
野村 和博=日経メディカル

 岡山大とその関連病院を中心とした医療施設による合同の後期研修説明会である、「岡山マッチングプラザ2006」が8月12日に開催された(関連記事「岡山で後期臨床研修の新たな試み」はこちら)

 145の医療施設から365の後期研修プログラムが提出され、各医療施設から説明要員などのため総勢278人が参加して開催されたが、集まった研修医は78人とふるわず。事前のPR不足が大きな原因と考えられ、次回以降に向けてさらなる改善が求められるスタートとなった。

 参加した研修医からは、様々な声が聞かれた。まずは、各病院のプログラムを一度に見ることができる点に好意的な意見だ。

 「多くの医療機関と一度に接点を持てるという点ではありがたい。1人で情報を集めるのには限りがあるので」(男性、川崎医大出身)
 「普段は話もできないような偉い先生方とコネクションを持てた」(男性、岡山大出身)

この記事を読んでいる人におすすめ