日経メディカルのロゴ画像

退院時処置の文書化でAMI死亡が半減
日常診療へのガイドライン導入で退院時文書の実践が大幅増

米国心臓学会(ACC)と米心臓協会(AHA)は、急性心不全ガイドラインを日常診療に導入する具体的な方法を示したGAP(Guideline Applied in Practice)プログラムを推進している。

この記事を読んでいる人におすすめ