日経メディカルのロゴ画像

SSRIの胎内暴露で新生児禁断症候群を示す
生後48時間は新生児を慎重に監視

2006/03/10
大西淳子=医学ジャーナリスト

 妊娠している女性が抗うつ剤の選択的セロトニン再吸収阻害剤(SSRI)を服用している場合、産児に新生児禁断(離脱)症候群(NAS)が見られるという報告が増えている。

この記事を読んでいる人におすすめ