日経メディカルのロゴ画像

胃癌術後の生存期間はピロリ菌陽性の方が長い
全生存期間で5年対1年半と大差

2006/03/17
大西淳子=医学ジャーナリスト

 胃癌手術を受けた患者の予後を追跡したところ、ピロリ菌陽性者の方が陰性者よりも大幅に生存期間が長い――常識的な予想を裏切るような研究成果がこのほど報告された。

この記事を読んでいる人におすすめ