日経メディカルのロゴ画像

大豆蛋白質とイソフラボンの血中脂質低下作用は期待薄
米心臓協会(AHA)が修正勧告を発表

2006/02/03
大西淳子=医学ジャーナリスト

 心血管系の健康維持に有効とされてきた大豆蛋白質やイソフラボンの有効性に、米心臓協会(AHA)がこのほど、疑問符をつけた。最新の研究成果を分析したAHA栄養委員会は、イソフラボンを含む食品またはサプリメントについて、効果を示すエビデンスは貧弱で、安全性が確認されていないことから、摂取は推奨されないと結論した。また、大豆蛋白質についても、大量に摂取するとLDLコレステロール(LDL-C)値は3%ほど低下するものの、HDLコレステロール、トリグリセリド、血圧などには有意な変化はないことが明らかになり、こうした危険因子の改善を通じた予防効果は期待できないと判断された。詳細はCirculation誌電子版に2006年1月17日に報告された。

 米国では1999年に、食品医薬品局(FDA)が、大豆蛋白質を含む製品に「冠疾患リスクを低減させる」とのヘルスクレーム(食品健康強調表示)の記載を許可した。これは、1日25g以上の大豆蛋白質を摂取すると総コレステロール値とLDL-C値が低下するという複数の報告に基づく。

 AHA栄養委員会は、2000年に大豆蛋白質とCVDに関する見解を発表した。それ以前に発表された論文を分析し、得られた結果を基に、AHAは、慎重な姿勢を維持しつつ、米国人の健康維持に重要とされる飽和脂肪とコレステロールが少ない食事に、大豆蛋白質を含む食品を組み込むことを推奨する、と結論した。

 それ以降、大豆蛋白質やイソフラボンの有効性の評価を目的とする、質の高い研究が数多く行われた。そこで今回、AHAは、最新の研究結果を対象に再評価を実施した。焦点を当てたのはLDL-C値だ。CVDの危険因子の中で最も詳細に研究されていること、FDAはLDL-C低下作用に基づいてヘルスクレームを許可していたからだ。それ以外に、HDLコレステロール、トリグリセリド、血圧など複数の因子に関する評価を行った。イソフラボンについては、更年期症状、骨粗鬆症、がんなどに対する作用も調べた。

 まず、イソフラボンを含有する大豆蛋白質のLDL-C低下作用を評価した、無作為割付研究22件を分析。それらは、カゼインまたは乳蛋白質、小麦蛋白質、動物性蛋白質の混合物などと単離した大豆蛋白質を比較していた。大豆蛋白質の摂取量は1日あたり25~135g、イソフラボン摂取量は40~318mgだった。LDL-Cや非HDLコレステロール値は、多くの研究で低下していたが、統計学的に有意な低下を示したのは8件で、LDL-C低下率の加重平均は3%だった。用量に応じた効果の増強は認められなかった。HDL-Cとトリグリセリドには有意な影響は見られなかった。

この記事を読んでいる人におすすめ