日経メディカルのロゴ画像

血栓溶解剤治療後PCIは単独PCIよりリスク増やす
米ガイドラインに否定的な研究成果

2006/02/22
大西淳子=医学ジャーナリスト

 ST上昇型急性心筋梗塞STEMI)の治療において、血栓溶解剤を用いる薬物治療後の経皮的冠動脈インターベンション(facilitated PCI )は、最初からPCIを行うprimary PCIに比べ、リスクを増大させるとする2つの論文が、Lancet誌2006年2月18日号に掲載された。

 米ACC/AHAガイドラインでは、Facilitated PCIについてエビデンスレベルBで「ハイリスク患者に有用な可能性あり」とされているだけに、今後の再灌流戦略に与える影響は少なくなさそうだ。

 ベルギーGasthuisberg大学病院のFrans Van de Werf氏らは、血栓溶解剤のテネクテプラーゼを用いたfacilitated PCIとprimary PCIを比較する無作為割付試験「ASSENT-4PCI 」(Assessment of the Safety and Efficacy of a New Treatment Strategy with Percutaneous Coronary Intervention)について報告した。

 この臨床試験は2003年11月に開始され、4000人を登録する計画だったが、データ・安全性監視委委員会の勧告で早期中止に至った。facilitated PCI群の院内死亡率が、6%対3%と有意に高かったためだ(P=0.0105)。

 登録患者は計1667人。全員にアスピリン投与と未分画ヘパリンの静注ボーラス投与を行った。主要エンドポイントは、90日以内の死亡、鬱血性心不全、ショックの組み合わせに置かれた。24カ国(日本は含まれていない)で実施した。

 6時間以内に標準的なPCIを受けた838人と、PCIに先駆けて十分量のテネクテプラーゼ投与を受けた829人を比較。割付から初回のバルーン拡張までに要した時間の中央値は、両群間に差なし。発症からテネクテプラーゼ投与までの中央値は153分、テネクテプラーゼのボーラス投与からバルーン拡張までの時間の中央値は104分だった。

 両群ともに発症からPCIまでの時間は4時間を超えた。PCI前の冠動脈の血流レベル(TIMI)は、facilitated PCI群で、血流が維持されている患者が有意に多かった。完全閉塞患者(TIMIが0)の割合は24%と62%。PCI後、血流正常(TIMI3)となった患者の割合は88%と89%で同等だった。

この記事を読んでいる人におすすめ