日経メディカルのロゴ画像

【インフルエンザ速報】
東北、関東などで集団感染、欠席者数100人台に増加――学校患者数報告第2、3報から

2005/12/05
日経メディカル

 国立感染症研究所の感染症情報センターが12月2日に発表したインフルエンザ様疾患発生報告の2005-2006年シーズン第2、3報によると、11月13日~11月19日には、全国の学校施設のうち、6施設で学級閉鎖などがあった。患者が発生したのは、岩手県、山形県、群馬県、山梨県、島根県、広島県の各県で、127人の患者が発生し、うち96人が欠席した。岩手県の1校が休校になったほか、学年閉鎖はなく、5校で学級閉鎖があった。

この記事を読んでいる人におすすめ