日経メディカルのロゴ画像

【米国消化器病学会速報】
大腸内視鏡検査を容易にする新型内視鏡が開発中
2つのバルーンで前進、挿入時間は盲腸まで平均14分

2005/11/02
日経メディカル

 クロアチア・レブロ大学のBoris Vucelic氏は10月31日、ホノルルで開催されている第70回米国消化器病学会の一般口演で、従来より短時間で大腸内視鏡検査を行える新たな内視鏡を開発し、人での臨床応用を行ったと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ