日経メディカルのロゴ画像

カンデサルタンは心不全患者の心血管死と非致死的心筋梗塞を減らす――CHARM試験追加解析結果がJAMA誌に掲載

2005/10/15
日経メディカル

 アンジオテンシン転換酵素(ACE)阻害薬は、心筋梗塞(MI)リスクを減らすことがわかっているが、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)が同じ効果を持つかどうかは明らかではなかった。カナダMcMaster大学のCatherine Demers氏らは、心不全患者にARBのカンデサルタン・シレキセチル(日本での商品名:ブロプレス)を投与するCHARM臨床試験の追加解析を新たに実施し、カンデサルタンが心血管死と非致死的MIを有意に抑制(ハザード比0.87)することを示した。詳細は、Journal of American Medical Association(JAMA)誌2005年10月12日号に報告された。

この記事を読んでいる人におすすめ