日経メディカルのロゴ画像

メタンフェタミンやHIVの感染で脳の構造が変化、認知能力が障害される

2005/08/12
日経メディカル

 米California大学San Diego校のTerry Jernigan氏らの研究グループは覚せい剤メタンフェタミンやHIVの感染によって人の脳の構造が変化し、認知能力の障害に関連している可能性を見出した。構造変化の機構が解明されれば新たな治療法の開発につながる可能性がある。成果はAmerican Journal of Psychiatry誌に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ