日経メディカルのロゴ画像

喫煙者はタバコの害に楽天的
肺癌にかかるリスク低い、かかっても治る確率高いと認識-米国研究

2005/04/21
日経メディカル

 米国Rutgers大学のNeil D Weinstein氏らは、電話調査の結果を基に、喫煙者は、非喫煙者や禁煙者に比べ、タバコの害を正しく認識していないことを明らかにした。詳細はTobacco Control誌2月号に報告された。

この記事を読んでいる人におすすめ