日経メディカルのロゴ画像

【日本循環器学会2005速報】
専門医の養成めぐり教育・研修方法の提案相次ぐ、循環器外科では100例以上の手術経験が必要との指摘も

2005/03/21
日経メディカル

 学会2日目の3月20日に行われたMeet the Expertセッション5では、「いかにして優れた循環器医・循環器外科医を育成するか」をテーマに、昨年度から必修化された医師の臨床研修制度や、同じく昨年第1号が誕生した心臓血管外科専門医制度がトピックスとして注目を集めた。

 東邦大学卒後臨床研修/生涯教育センターの並木温氏(写真上)は、2年間の臨床研修が義務化されたことを、「臨床医としての基盤を築くのに8年かかるようになったこと」との認識を示し、従来の臨床研修の問題点として、1.研修プログラムが不明確、2.指導体制や研修成果の評価が不十分、3.施設間格差が明らかにされず、改善が必要な事項の把握が不完全――を挙げ、「悪いようにはしない」「お任せ」の制度に過ぎなかったと批判した。

 その上で並木氏は、優れた循環器医・循環器外科医の育成には、1.教育プログラムの重要性を認識する、2.専門医資格のような社会的に認知される総括的評価を確立する、3.すべてのプロセスを公開し、教育体制改善の努力を継続する――ことが重要だと主張した。


この記事を読んでいる人におすすめ