日経メディカルのロゴ画像

【国際脳卒中学会2005速報】
脳梗塞発作後の救急センター到着、米都市で3分の2が8時間超

2005/02/06
日経メディカル

 米国の大都市シンシナティにおいて、脳梗塞の発作後、救急医療機関到着までの所要時間を調査した初の人口ベースの研究の結果、3時間以内の到着はわずか20%に過ぎず、実に3分の2(66%)の症例が8時間以上(または経過時間不明)かかっていたことが明らかになった。2月3日のポスターセッションで米University of CincinnatiのDawn Kleinedorfer氏らが発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ