日経メディカルのロゴ画像

COVID-19急性期後の後遺症に関する検討
Nature誌より

2021/05/27
平山幹生(春日井市総合保健医療センター参事)

 米国退役軍人省の電子医療データベースを活用して、COVID-19と診断された後、少なくとも30日間を生き延びた人における6カ月間に発生した後遺症について、診断、薬物治療内容、検査値異常などの観点から検討した結果を報告した論文である1)

この記事を読んでいる人におすすめ