日経メディカルのロゴ画像

Clin Infect Dis誌
COVID-19患者の静脈血栓塞栓症リスクはインフルエンザ患者と大差なし
デンマークのレジストリ研究

2021/01/26
西村 多寿子=医療ライター

 SARS-CoV-2検査の陽性者における静脈血栓塞栓症(VTE)と大出血について、デンマークの全国民が登録するレジストリを調査し、発生リスクをSARS-CoV-2陰性者やインフルエンザ患者コホートと比較検討した。検査から30日以内の陽性者のVTEリスクは0.4%で、陰性者や過去のインフルエンザ患者と大差なく、大出血でも同様の傾向だった。この結果は1月5日、Clin Infect Dis誌電子版に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ