日経メディカルのロゴ画像

Ann Intern Med誌から
メタボの解消は本当にリスクを減少させるか?
約1000万人を追跡した韓国のコホート研究

メタボの解消は本当にリスクを減少させるか?の画像

 韓国Seoul大学医学部のSehoon Park氏らは、メタボリックシンドローム(MetS)の状態変化が主要な有害心血管イベント(MACE)のリスクに与える影響を検討するために、韓国のナショナルコホートによる研究を行い、MetSを新たに発症した人はMACEリスクが増加し、MetSが改善した人はMACEリスクが減少したことを確認したと報告した。結果はAnn Intern Med誌電子版に2019年11月26日に掲載された。

 MetSがMACEの予測因子として重要であることは間違いない。しかし、MetSを構成する項目の中心性肥満、脂質異常、耐糖能異常、高血圧を改善できた人は、本当にMACEリスクを減らすことができたかを検証した大規模な研究は、あまり行われていなかった。そこで著者らは、MetSステータスの変化、またはMetSを構成する個々の要素のそれぞれの変化が、MACEリスクに及ぼす影響を韓国の国民を対象に検討することにした。

この記事を読んでいる人におすすめ