長時間ウォーキング後にトロポニンI値が99パーセンタイル超まで上昇した被験者を追跡したところ、追跡期間中の死亡/MACE発生率は、トロポニン値がそれ程上昇しなかった被験者より有意に高かった(27%対7%)。

長時間運動後のトロポニン値上昇はリスクのない人のイベント発症も予測の画像

ログインして全文を読む