周術期死亡リスクの低い重度大動脈弁狭窄症患者を対象としたランダム化比較試験で、術後5年目までの追跡結果が公表された。

重度大動脈弁狭窄症の高齢患者、TAVRとSAVRで有意差なしの画像

ログインして全文を読む