2型糖尿病では、尿中アルブミン/クレアチニン比(ACR)の変化は腎構造の早期変化を反映しているが、早期からの糸球体濾過率(GFR)の変化と腎構造の変化との関連は弱いことが示された。

2型糖尿病の腎構造の早期変化はアルブミン尿の変化と関連の画像

ログインして全文を読む