ループ利尿薬療法を受けている急性非代償性心不全(ADHF)患者の予後の予測には、現在使用されている体液バランスや体重減少量などの指標よりも尿中ナトリウム(Na)排泄量の方が有用となる可能性があることがROSE-AHF試験の事後解析により示された。JACC: Heart Failure誌5月号に掲載された。

ADHF患者のNa排泄量は6カ月後死亡率と関連の画像

ログインして全文を読む