Circulation誌で2月26日に報告された論文です。急性心不全患者の7日間の死亡リスクを予測するEmergency Heart failure Mortality Risk Grade(EHMRG7)モデルを、救急受診患者を対象として評価したところ、医師による推定と比べて予測能が向上していました。

EHMRG7スコアで7日間死亡リスク推定が改善の画像

ログインして全文を読む