J Am Coll Cardiol誌1月8日号に掲載された論文です。急性冠症候群の疑いで入院した患者では、確定診断に至らず退院した場合でも、心筋トロポニン(cTn)値の上昇が重要なリスク予測因子であることが明らかとなりました。

急性冠症候群疑い例でもcTn高値は高リスクの画像

ログインして全文を読む