静脈瘤はよくみられる疾患だが、静脈瘤形成に寄与している遺伝的因子および環境的因子はこれまで十分に解明されていなかった。米国およびスウェーデンの研究者らは大規模プロスペクティブ地域対象研究を実施し、高身長が新たなリスク因子であることを示した。この結果は、Circulation誌2018年12月18日/25日合併号に掲載された。

静脈瘤の新たなリスク因子は高身長の画像

ログインして全文を読む