駆出率(EF)が低下した心不全(HFrEF)とEFが保たれた心不全(HFpEF)に合併する心房細動(AF)の病態生理学的機序の差を解明するため、欧州の研究者らが92種類のリスクマーカーを調査した。その結果、HFrEFではAF合併者のリスクマーカーはほぼ全て、洞調律(SR)者より上昇していたが、HFpEFではリスクマーカー・プロファイルにばらつきがあることが判明した。この結果は、Eur Heart J誌11月14日号に掲載された。

HFrEFとHFpEFに合併するAFの違いの画像

ログインして全文を読む