2型糖尿病の心不全(HF)による入院リスクに及ぼす影響に関して、新規血糖降下薬の3つのクラス(GLP-1アゴニスト、DPP-4阻害薬、SGLT-2阻害薬)を比較するメタ解析が行われた。解析の結果、SGLT-2阻害薬は、GLP-1アゴニスト、DPP-4阻害薬よりもHFリスクが有意に低いことが示された。この結果はJACC Heart Fail誌10月号に掲載された。

SGLT-2阻害薬が2型糖尿病のHFリスク低下に最も効果的の画像

ログインして全文を読む