米国心臓病学会(ACC)と米国心臓協会(AHA)が2017年に発表した高血圧ガイドラインを遵守すれば、降圧薬投与の開始や強化により、心血管疾患(CVD)や死亡のリスクが低下する集団を特定できることが示された。結果は、J Am Coll Cardiol誌9月11日号に掲載された。

ACC/AHA高血圧ガイドライン2017の有益性を推定の画像

ログインして全文を読む